設備紹介

富士森公園動物病院の設備をご紹介します。

ICU(集中治療室)

ICU(集中治療室)

温度、湿度、酸素濃度を個々の動物の状態に合わせ、自動で調節できます。
心臓や呼吸器の病気、重症患者の管理に威力を発揮します。

ページトップへ

X線撮影装置

X線撮影装置

大型犬からハムスターまで、高精細な撮影が可能な動物専用のX線撮影装置です。

デジタルX線画像診断システム

デジタルX線画像診断システム

デジタル化により撮影から診断までよりスムーズに行えます。
また、低エックス線量での撮影が可能、撮り直しが少ないなどのメリットにより、動物への負担も軽減されます。

ページトップへ

超音波診断装置

超音波診断装置

心臓や腹部の臓器の診断に使用します。通称エコーです。

内視鏡

内視鏡

胃内異物の摘出や胃腸の検査などに使用します。

ページトップへ

血液生化学自動分析装置

血液生化学自動分析装置

肝機能や腎機能などの血液検査を行います。甲状腺や副腎のホルモン値、胆汁酸等、従来は院内で測定できなかった項目も検査できるようになりました。

自動血球計算機

自動血球計算機

血液中の赤血球数や白血球数、血小板数を測定します。

ページトップへ

血液生化学自動分析装置

血液生化学自動分析装置

主に鳥や小型げっ歯類など、エキゾチックアニマルの血液検査で使用します。少量の血液で検査が可能です。

クリヨペン

クリヨペン

皮膚のイボなどを凍結させることで、麻酔なしで除去できます。

ページトップへ

麻酔器

麻酔器

安全性の高い吸入麻酔を採用しています。人工呼吸器は最新の高機能タイプです。

生体情報モニタ

麻酔器

生体情報モニタは心電図、血圧、酸素飽和度、炭酸ガス・麻酔ガス濃度、呼吸数などを表示できます。 より安全性の高い麻酔処置が可能になります。

ページトップへ

細径内視鏡

高周波手術装置

先端部分は通常の内視鏡よりもさらに細い数ミリ程度。
当院では主にウサギの気管挿管に使用します。犬や猫の耳道や尿道、膀胱内の観察も可能です。

高周波焼灼電源装置

高周波手術装置

いわゆる電気メスです。犬猫の一般的な外科手術からウサギやハムスターなどのエキゾチックアニマルの手術にも使用します。
血管シーリング機能により、動物に負担の少ない手術を行えます。

ページトップへ
当院の所在地(拡大地図)
クリックで閉じます